FC2ブログ
タクシー就職前など、タクシー乗務員は一時的に生活を安定させるには最も良い仕事です。ただ、トータルで考えるとリスクの割りにメリットが少ない仕事です。私のタクシー業界での経験を全てを公開しますのでご参考にして下さい。

728x90のアドセンスビッグバナーをここに貼りつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中途採用

中高年の中途採用は正直大変な状況だと思います。 こんな事を言えば批判もあるかも知れませんが老人の方が有利な条件で仕事できていと思います。 中高年は年金も無し家族の扶養と辛い環境の方多い。いくら稼いでも足らないのでは? 特別専門的知識経験者の方なら道も開けますがそうでない方のほうが圧倒的に多いので 納得できる給料で働ける方は本当に限りがあります。 フルコミッションで社会的地位が低いタクシーでも求人に集まってくるのは当然だと思います。 中興年でも求人が多く、保証給が付いていて、表に出て行けば上司もいない自由です。 良くも悪くも報酬は自分で決められる。雨や寒さ暑さは凌げるからいったん仕事に使ったら給料取れなくて良い人ならやめれなくなる仕事かもしれません。 だから中興年には都合の良い仕事はないと思われがちです。 でも実態は稼ごうと思えば大変な仕事です。 研修期間後までに仕事覚えていないと給料の保証はありません。 全て自己責任。 体力と精神力の戦いです。 毎回見ず知らずのお客様を乗せます、酔っ払いや人を見下した言動取るお客 中には車のシートを蹴り上げるお客もいます。 貴方ならこの仕事一生続けていきますか? 私が本気で思うのはタクシーはある意味楽ですが、身体は動かなくなり。太り、足が悪くなります。 長き続けることは皆さんの自由だしそれが悪いと言っている訳でもありません。 最悪、老人になって年金もないかたなら我慢して短時間だけ仕事できる仕事だから資格はあっても良いと思います。 もし、貴方が30代40代50代前半なら手っ取り早く仕事するにはタクシー乗務員は都合の良い仕事ですが生活の基盤が安定したなら別の事業興してはいかがと思います。 タクシ勤務は安い給料で適当にやればホント楽な仕事です。
スポンサーサイト

タクシドライバーQ&A

タクシードライバーは本当に稼ぐことができる? まず、東京都内のタクシー会社における平均営業収入(営収)は42,000円前後。このうち、60%程度があなたのお給料に反映されるのは25,200円。タクシー業界でもっともスタンダードな隔日勤務の場合月間12乗務なので42,000円×12乗務×60%=302,400円となります。法の許す最高の13乗務をすれば327,600円となります。これが平均となります。普通にやってさえいればこれだけは稼ぐことが出来るということです。 もちろん、普通以上に努力をすれば更にお給料も上がります。 タクシードライバーになるために必要な資格は? タクシードライバーになるためには、二種免許が必要となります。これに加え、東京、大阪、神奈川の指定区域では地理試験に合格する必要があります。 二種免許とは、 タクシーはもちろん、バスを含む旅客自動車を旅客運送を目的として運転する場合、必要となる自動車免許証の一種です。取得資格は、一種免許(普通自動車免許)の取得から3年以上経過していることとなります。なので、ここ日本においては18歳で一種免許を取ったとしても、タクシードライバーになれるのは21歳からということになります。そういった理由で、タクシードライバーの求人情報の応募資格には「21歳以上」と書かれているのです。 また、二種免許の取得にかかる費用は、タクシー会社が負担してくれるケースが多くなっています。 地理試験や二種免許の取得は難しい? 二種免許は、普通免許を取得してから3年以上経過していれば取ることができます。取得に必要な日数は合宿または通いなどの条件にもよって異なりますが、10日前後取得可能です。 地理試験は、地理に関するペーパーテストで、40問の問題が出題されます。正解率80%以上、つまり32点以上で合格になります。所要時間はおよそ2時間程度。多くのタクシー会社が、地理試験対策をしており、独自の教育、独自の問題集などで効率的に取得が可能です。 タクシードライバーの給与って他業種と違うの? タクシードライバーの賃金形態は一般会社員と違い、歩合制です。 そんな歩合制の中でも、以下のような3つの形態があります。 •A型 :月給賃金で、その一部が固定給。賞与あり。この形態はごく少数。 •B型 :歩合給。賞与も無くもっともシンプルな賃金形態。 •AB型:歩合制。賞与あり。 ただし、タクシードライバーにおけるB型・AB型賃金形態の賞与とは、毎月の支給額から一部をプールし、年3回程度に分けて支給する。 給料体系について詳しく見てみる タクシードライバーの働き方、勤務の仕方は? タクシードライバーの勤務体系は大分すると2種類あります。 もっともスタンダードな「隔日勤務」と「日勤」。 「隔日勤務は」、1日乗務(出番)したら次の日はお休み(明け番)になり、明け番とは別に公休という完全なお休みもあり、連休を取得することも可能。これらを順番に繰り返し、月間12乗務することになります。 対して「日勤」とは、昼間だけ、夜間だけの勤務となり、週5~6日間の勤務となります。昼の日勤を「昼日勤」、夜の日勤を「夜日勤(ナイト)」と呼びます。しかし、「日勤」はタクシードライバーの経験者のみ採用している場合も多いため、事前に確認が必要となります。 タクシードライバーの一日を詳しく見る 自分に合っているタクシー会社がわからない…。 当社はタクシードライバーの求人、転職に特化したサービスを提供しており、厚生労働省の職業紹介の認可を取得し運営しております。タクシー業界の求人や専門知識を持ったカウセリングスタッフがおりますので気軽にご相談ください。 専門用語のご説明や企業様の雰囲気などもお答えいたします。 どこで営業してもいいの? タクシーは、地域により営業エリアが決まっています。タクシー会社がどのエリアにあるかによって営業できるエリアが決まります。そのエリア内であればどこでもお客さまを乗せることができます。エリアを出ての営業はできませんので自分のエリアをきちんと把握しておくことが必要です。 ただし、例外として、自分の営業エリアから他エリアへ、その帰りに他エリアから自分の営業エリアへお客さまを乗せることが許されています。 地方在住なのですが、都内の地理が不安です。 都内エリアのタクシー会社では数多くの地方出身者がいます。全社員の半数が地方出身者なんて会社もたくさんあります。 つまり、都内を走るタクシーの約半数は地方出身の方だという見方もできます。また、東京在住の方でもタクシーの営業に使う道に詳しい人などほとんどいません。 つまり、「タクシー未経験者=地理がわからない」ということなんです。 タクシー会社ではそういった事実をふまえた研修制度を設けているところも多く、先輩が優しく教えてくれます。 また、最初から東京全土を走り回る必要は無く、はじめのうちはある程度のエリアを決めて、そのエリアの地理から慣れていくというスタイルが多いようです。 ドライバー職の経験がありませんが大丈夫ですか? トラックのドライバーをしていたから、バスの運転手をしていたからといってあまり有利になるものでもありません。たしかに、車を運転していた仕事をしていればそれだけ道を知っていたり、危険なポイントなどを他の人よりも知っているかもしれません。しかし、それくらいです。 将来は個人タクシーをやりたいと思います。個人タクシーになるためにはどうすれば?タクシーやハイヤーの事業者(会社)に運転手として勤務していた期間が10年以上経過し、申請日以前から3年間無事故無違反であることが条件になります。その後、個人タクシーの試験等があります。 個人タクシー協同組合では、試験のための勉強会なども開催しているようです。 年齢にや地域によりさまざまな規定がありますが、一例として、年令が40才以上65才未満の場合、直近の25年以内で、ドライバー職を10年以上勤務していること(トラックドライバーは50%に換算)。また、3年以内に2年以上のタクシードライバー、またはハイヤーの運転をしていたことなどの条件があります。

タクシー会社選び

タクシー会社選びも大変重要なポイントです。どこの会社も乗務員確保に懸命でうから特別どこの会社が良いか悪いかはあなたが調節判断するほうが良いと思います。 どこの会社も一長一短です。分からないからとタクシーの乗務員専門にしているコンサルタントはございますが特別親身になって最後まで責任もって対応しているとは思いません。 ただ、インターネットで会社のホームページやタクシーの検索サイトに出来来る会社から選ぶほうが懸命です。 ネット上で掲載されている会社は条件的には殆ど変わらないと言っても良いと思います。 貴方が何を中心に入社しようと思うかです。よしぼうの場合は他府県から東京へ来たので寮・入社祝い金・日勤務(昼勤希望)これを中心に検索サイトで選び面接を4社して決めました。 分からないからといって、適当に妥協して決めると辛い思いされますので注意して決めて下さい。 本当に悩んでしまうのが会社選びと思います。最終的に決めるのは貴方ですからその前に少しでも予備知識を持って面接受けるようにして下さい。 就職に当たり何かご質問ございましたら私に問い合わせして下さい。出来る限り応援します。

タクシー乗務員に必要なもの

普通第二種免許 健康診断書 適性検査 地理試験合格証 タクシー乗務員証これくらいが必要です。 普通二種免許と地理試験さへパスすれば後は手続き程度で取得できます。 普通二種免許は普通免許を3年以上21歳以上の方なら誰でも取得できます。今まで、タクシー乗務員になるなんて考えたことのない方が急にタクシー運転手となると時間とお金がかかるので殆どの方は入社された会社から無料で取る事が出来るようになっています。 二種免許は2週間以内の合宿で取得です。 職安を通して入社された方は会社へ補助金が下りると思いますので会社からの借金を背負う事にはならないので一様確かめて下さい。 会社の中にはそのことを知らない会社もあるので、借金背負い2年間就労しないと返金求められる事になることもあるので注意して下さい。 地理試験も大都市には義務付けられているので勉強暗記が必要です。殆どの会社は地理試験合格するために、専門の地理試験対策の学校へ入学して約一週間か10日程で取れるので入学しています。 独学では大変厳しいので必ず入学お奨めします。 これも費用が約4万程度かかると思いますがこれは会社が無料で行っていると思います。 健康診断書や適性検査、タクシーセンター講習及びタクシー乗務員証はスムーズに取得可能です。 初乗務は入社して一ヶ月程度過ぎた頃からになります。

スポンサードリンク

468x60のアドセンスバナーをここに貼りつける。

Copyright © 誰でも稼げるタクシーなんか早く辞めちまえ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。