FC2ブログ
営業ノウハウ教えちゃいます②など、タクシー乗務員は一時的に生活を安定させるには最も良い仕事です。ただ、トータルで考えるとリスクの割りにメリットが少ない仕事です。私のタクシー業界での経験を全てを公開しますのでご参考にして下さい。

728x90のアドセンスビッグバナーをここに貼りつける。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

468x15のアドセンスリンクユニットをここに貼りつける。

営業ノウハウ教えちゃいます②

前回も触れましたが、交差点は先頭が基本です。お客様と会えるチャンス 交差点で信号待ちする時は、キープレフトと先頭に居る事。 と言って一般車の前に出ろと言っている訳ではありません。空車タクシーよりも前にと言うことです。 先頭でとまると言う意味は何が何でも先頭である必要は無く一般車が前にいたって平気です。 自分より前に空車タクシーが居なければ良い訳です。 交差点の信号停止においては周囲にどんな車が走っているかを気を配り自分のポジションを確保する習慣が大切です。 タクシーを捜しているお客様にとってもトラックやワンボックス車の後ろに空車タクシーがいても死角で見つけることが出来ず手を上げ損ねる事にもなります。 ☆交差点は先頭が基本 交差点はお客様もタクシーを捜しに来る場所であり出会うチャンスは高いところです。 ●交差点は渡ってきた人 ●駅の改札から出てきた人 ●ビルから出てきた人 などが利用します。 信号が黄色であれば、空車タクシーなら止まれです。 もちろん後継者に迷惑をかけてはいけませんが。信号で停まることで前を走る空車タクシーとの距離を広げる効果もあります。 そして自分が目的地としていく方向に空車タクシーが何台進行したかを確認します。 また、逆方向からは何台かの空車が来たかも見る習慣をつけましょう。 多くの空車タクシーが来たのであれば目的地を変更し、仕切り直しをして別の目的地に向かうことも必要です。 ☆信号は3~4個先の信号まで見る償還をつける事。 流し営業をしていると、ついつい自分の走っている近くを歩いているお客様に注意しがちです。しかし、信号間の距離より、3~4個先の信号まで注意し流れを把握する事を心がけてください。 また、直近の信号であれば、歩行者信号にも注意を向けます。 多くの信号は歩行者信号が先に点滅始めるため自分の進む信号が黄色に変わるタイミングを知る合図になります。 3~4個先の信号まで把握しながら走れば信号のタイミングを早めに予測する事が可能になりそれだけ信号で停まる為に調整する余裕ができます。 さらに交差点先頭になるために手前で一旦停止し調整する事だってあります。 たくさん稼いでいるタクシードライバーでもロング長距離ばかり狙っているわけでもありません。 このようなちょっとしたタイミングの取り方を実践しながら積み重ねながら稼いでいます。 タクシー乗務中でも常にバイオリズムがあります。 リズムを上昇させるにはお客さんとの出会い、実車回数を増やす事がもっとも効果的です。 もしも乗車してリズムが下降気味と感じたのであれば休憩してリフレッシュする事も忘れないで下さいね。 ほんと誰でも出来るタクシー乗務員とにかく稼いで生活安定させて背中合わせに非常にリスクが高い仕事ですから 早く辞めちゃって下さい。
TOPタクシー研修営業ノウハウ教えちゃいます②

468x15のアドセンスリンクユニットをここに貼りつける。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

468x60のアドセンスバナーをここに貼りつける。

Copyright © 誰でも稼げるタクシーなんか早く辞めちまえ! All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。